沿革

沿革

昭和56年 8月

畳表・花筵・藺草商品を主軸とするインテリア専門商社、株式会社トクラの関連企業として設立。
松下電器産業株式会社ビデオ事業部のVTRのプリント基板組立工場として発足。

昭和63年11月 家庭用ゲーム機の生産開始。
平成元年11月 チップ実装機を導入しゲーム機・電話機のSMT生産開始。
平成 2年11月 第二工場増設しSMT実装ラインを2ライン設置する。
平成 8年 9月 小型部品、高密集基板に対応の為、SMTラインを2ライン増設。
平成 9年 6月 資本金1,500万円から3,000万円に増資。
平成10年 6月 SONY 外観検査機を2ライン増設。
平成15年 8月

SMT工程と組立工程に鉛フリー対応設備を全工程に増設。

平成16年11月 ISO 9001:2000版 取得。
平成18年 9月 BGA・CSP部品の保証をする為、X線検査機を導入。
平成19年 9月 超微小部品(0402)の品質を保証の為、SAKI外観検査機を導入。
平成19年10月

SMT実装能力向上の為、富士機械NXT:M3を2台増強。
異型機能向上の為、YAMAHA YG100を2台増強。

平成21年 7月 ISO 9001:2008版に更新。
平成22年 1月 YAMAHA YS-100RChip高速機導入。
平成23年 2月 HITACHI TCM110 Chip高速機導入。
平成24年 9月 SONY製 卓上外観検査機(SI-V100)1台、YAMAHA製 自動外観検査機(YSi-12)1台 導入。
平成24年10月 YSi-12画像検査器 導入。
平成24年11月 N2リフロー炉 導入。
平成25年 4月 ソリューション事業 開始。
平成25年 8月 YS-12F 導入。
平成30年11月 ISO 9001:2015版 取得。
令和元年08月 i-Bit FX-300tRX X線自動検査装置 導入。

倉敷電子工業株式会社
タイトルとURLをコピーしました