製造指針

PRODUCTION POLICY

品質責任・技術革新で信頼企業を目指します

 

日本製品質へのこだわり

当社は、Made in japan にこだわり、日本が誇る技術を世界に発信していきたいという気持ちが近年さらに大きく成りました。
どんなに優れた技術を持ち合わせていても、それがお客様の問題解決にお役に立つことができて初めて価値を生むものです。
日本の技術力は、日本人スタッフたちが持っている文化や歴史の中で生まれた習慣や価値観で支えられ、より高度化、高精細化する電子デバイスや高密度基板の多様な検査、ニーズに高次元でお応えし、お客様に十分な満足を提供すると共に、さらに一歩進んだモノづくりをするために、パートナー会社とも高度な連携と相互協力を構築していきます。

 

工場紹介1

 

 

お客さまのご要望にお応えするモノづくりをお手伝いします。

ハイテクノロジー

     

  • 最先端高性能マシン微小chip部品(0402)や超ファインピッチ部品(CSP.BGA)のSMTを短納期で量産可能な高速マシンを装備。
  • 高い信頼性微小実装の保証ができる画像検査機やBGA・CSPの保証可能なX線検査装置。バーコードで使用部品100%をトレーサビリティ可能な管理体制。
  • 短納期生産活動客先に合わせたフレキシブル稼働体制。(シフト稼働含む)

 

 

ローテクノロジー

     

  • 特殊作業認定高い信頼性を要求される半田付作業は年間30時間以上の教育訓練を行い認定技術の能力を維持。 (自社認定)
  • 共晶半田機械先端の鉛フリー機械装備だけではなく、従来の信頼性の高い共晶半田機械も装備して特殊産業用製品も生産可能。
  • 開発試作支援加工技術の経験をパートナー企業に技術提供と試作加工の応援。 試作加工のデーター提供し加工合理化の提案。(工法含む)

 

 

長年培ってきた実績を活かす高品質な生産システム。

当社は経験豊富な社員、一人ひとりが「責任あるモノづくり」を常に考えて技術を高める活動を日々行っています。その中で少ロット生産の多能工セル生産と量産の流れ作業生産など、お客様の製品特徴に合わせて生産システムを変えて対応しています。 また、実装工程と組立工程が一環作業のため、生産活動は高効率化することができ、リードタイム短縮や安定品質が計れコスト低減を可能にしました。

 

生産ライン